イシューからはじめるFF10【後編】
2019年04月27日

【前回までのあらすじ】 企画職に異動して半年、課題設定力を鍛えるべく 『イシューからはじめよ』を読み、FF10をケーススタディとすることにした。 前編はこちらから

【本はこちら】イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

※以下、イタリック体は全てこちらの本からの引用になります。 ※ぺージ数は単行本版に準拠します。

▼一番大事な図:FF10的なバリュー図

(p25図2バリューのマトリクス・p27図4犬の道より、岡田作成)

「イシュー度」とは 「自分のおかれた局面でこの問題に答えを出す必要性の高さ」 「解の質」とは 「そのイシューに対してどこまで明確に答えを出せているかの度合い」 (『序章 この本の考え方ー脱「犬の道」』P26より)

シーモアから学べること: 健全なイシューには健全な魂が必要なので、お母さんはアニマになっちゃダメ

================================== ※ここから先は有料記事になります。 既に自身のブログに掲載している内容と同一で、ネット上で無料で読めるものです。 ただ、もし記事に共感された方いらっしゃいましたら TipStockさんへの応援と、岡田への投げ銭的な意味合いで購入いただけると嬉しいです!

続きを読むにはナレッジを購入する必要があります。
イシューからはじめるFF10【後編】
¥150
岡田 菜子 さんの人気ナレッジ
岡田 菜子
総合電機メーカー→(株)リクルートキャリア 人材紹介領域の法人営業を6年担当のち、2018年より同領域の企画職。インナーコ...
岡田 菜子」さんにナレッジをリクエストしてみませんか?
リクエストをすることで、あなたが希望するナレッジを提供してくれるかもしれません。
(ただいまキャンペーン期間につき、無料でリクエスト可能)