TipStock(ティップストック)についての説明と利用方法
2019年04月02日

TipStock(ティップストック)」は、ベンチャーやスタートアップで働くビジネスパーソンのためのナレッジシェアサービスです。

過去にぶつかった問題や、うまく解決した課題、日々の学びなど、自身の経験に基づいたビジネスナレッジをテキスト情報として共有する場所です。

同じような問題に現在ぶつかっている人や将来ぶつかる人がそれらのナレッジを利用することで、課題解決のスピードを早めることができます。

また他のユーザーがシェアしたナレッジを検索、閲覧することもできます。自身が困っていること、抱えている課題に対する解決のヒントが見つかる場所です。

①サービスコンセプト

「自身のビジネスに関する経験や知識​を蓄積し、価値に変える」

TipStockでは、今までのビジネス経験で培ってきた​自身の経験や知識など、付加価値のある情報を文章(ナレッジ)として提供し、価値(お金や信頼)に変えることができます。

時間の切り売りではなく、経験や知見という個人の資産を「ストック」していくことで、効率的に価値に替える場所です。

さらに、どのような経験や知見あるいは思想を持っているのかという情報、またそれらがどれくらい他人の役に立ったかという情報から、ビジネスにおける信頼を「可視化」します。

「経験者のナレッジを活用し、ビジネスの課題解決を円滑にする」

スタートアップやベンチャーで働く上で、課題・問題が生じた際に、過去に類似した問題を解決した経験者の実体験に基づいたナレッジにより、課題解決を促進することができます。

そして、信頼が可視化された相手に対し、自身の状況に沿ったナレッジをリクエストすることができます。経験者から自身の状況に沿ったアドバイスをもらうことができるので、今抱えている課題を解決できる可能性がより高まります。

②ナレッジの提供と閲覧

ご自身のナレッジを投稿する、あるいは他ユーザーのナレッジを閲覧することが最も基本的なTipStockの利用ケースです。

ナレッジとは

TipStockにおけるナレッジとは、スタートアップやベンチャーで働く上での

・「思想・哲学、自身の考え方」 ・「戦略や戦術」 ・「体系立った知識」 ・「問題・課題の解決に役立つような知見」 ・「実践的なノウハウや経験則」 ・「過去の振り返り、気付きや学び」

など、暗黙知を言語化・可視化したものを言います。

ナレッジを作成する

ナレッジの作成は、トップページ画面右下のアイコンから行います。

ナレッジはテキストベースで提供していただきます。画像の添付やURLの貼り付けなどはもちろん可能です。

ナレッジは3種類あります。 1.無料ナレッジ 2.有料ナレッジ 3.回答ナレッジ

ナレッジごとに無料、有料を選択していただくことができ、有料の場合は金額も決定していただけます。

また、以下の項目でご説明する「リクエスト」に回答する形で投稿いただいたナレッジを「回答ナレッジ」といいます。

また、ナレッジにはその内容に応じてカテゴリを設定していただきます。初期は「起業・経営」「マーケティング」「プロダクト」「人事・組織」「その他」を用意しています。

無料のナレッジは公開後に有料に変更可能ですが、有料のナレッジを一度公開した後に無料に変更することはできません。また、一度公開したらカテゴリを変更できない仕様となっておりますので、カテゴリを変更したい場合は新しいナレッジとして作成していただく必要があります。

(カテゴリに関して、利用状況に応じて追加を検討しておりますので、ご要望がありましたら「ご意見・ご要望」よりお聞かせください。)

ナレッジを閲覧する

他ユーザーのナレッジを閲覧することができます。

自身の役に立ったナレッジには「サンキュー」を押して感謝を伝えましょう。

TipStockでは、すごい経験や知見を持っている人だけが書くというものではなく、スタートアップやベンチャーで働く人が、日々の気づきや学びなどを日報や週報のような形でアウトプットしていただく場としても利用していただきたいと考えています。

また、たとえ趣旨が同じナレッジであっても、立場によって視点や内容が変わり、それぞれ異なる人にとって価値があるものとなります。

既存の情報(権威のある人などが書いた情報など)が常に万人にとって有益とは限りませんので、ぜひご自身の言葉でアウトプットしていただきたいと考えています。

③ナレッジのリクエスト

希望するナレッジがサービスにまだ無い場合、特定のユーザーに対してナレッジ提供のリクエストをしていただくことができます。

リクエストは、トップページの画面右下のアイコン、もしくはリクエストしたいユーザーのユーザーページやナレッジページの画面下部からも行えます。

「◯◯な状況での☓☓の解決方法を知りたい」といったような、現在の状況や課題の背景などの具体的な情報を付け加えることで、より解決性の高いナレッジを得られる可能性が高まります。

リクエストを依頼された側は、リクエストに回答する(回答ナレッジを作成する)とリクエストの際に設定した金額を受け取っていただけます。(拒否することもできます)

そしてその回答ナレッジを有料ナレッジとして他のユーザーへ提供していただくことができるため、特定のユーザーに対する回答は一度限りで無駄にはならず、積み重なっていくことが特徴です。

さらに、リクエストは有料なので、本気度の高いユーザーから具体的な内容のリクエストが届くことが特徴です。

よいリクエストとは

よいリクエストは、

・回答者が答えやすい ・リクエスト投稿者が抱える問題の解決につながる回答が書ける

という要素を持つものです。

回答する側からしてみると、リクエスト主が持っている詳細な課題や、今の状況、その課題が出るに至った背景や既に実践したことなど、回答へつながる情報が詳細であるほど回答しやすく、また課題解決や役立つ情報を提供できるようになります。

よって、リクエストページには、以下の項目を用意しています

  • リクエストタイトル(知りたいこと)※必須
  • リクエスト内容(困っていること)※必須
  • 課題発生の背景
  • 課題解決のために取り組んだこと

④ランク評価

ご提供頂いたナレッジに対する購読者からの反応や、TipStock内でのフォロワー数、SNSサービス(Facebook、Twitter)のフォロワー情報により、信頼を蓄積して見える化します。

信頼度は、スコアとランクによって表示されます。スコアが上昇するとランクも変化し、Bronz、Silver、Goldの順で上昇していきます。

(スコアは毎朝4時に更新されます。)

ビジネスにおける信頼を可視化する

ランク評価に影響を与える項目は以下です。

・TipStockのフォロワー数 ・ナレッジの投稿数 ・ナレッジへのサンキュー数 ・ナレッジへのイマイチ数 ・ナレッジのシェア数 ・リクエスト数 ・リクエスト回答数 ・Twitterフォロワー数 ・Facebook友達数

これらを元に、アルゴリズムに基づいてランクが決定されています。

信頼を数値化する要素の比重としては、ナレッジへの評価が最も大きく、他SNSの情報は小さくなっております。

また、有料ナレッジに対する評価のほうが、無料ナレッジへの評価よりも大きく影響します。

基本的には自身のナレッジを提供すればするほど、そしてナレッジが他ユーザーの役に立てば立つほど、信頼が積み重なり、ランクが上昇していきます。

Facebookでの友達数やTwitterでのフォロワー数も、信頼を考える上で一定の参考値になると考えられるので、指標に組み込んでいます。

こちらのアルゴリズムは、都度最適なものに改善していこうと考えております。

本当に価値があるナレッジが、価値があると判断される

また、TipStockでは、有名無名に関係なく「本当に価値があるものが価値があると判断される」サービスにしたいと考えています。

そのため、ユーザーのランクに応じてナレッジに対する評価が変動するロジックを入れています。

これは、「多くの人が信頼できると判断したユーザーの判断は信頼できる」という考えに基づいており、ランクによっては「サンキュー」を一度押すと、数字が複数増える場合があります。

こちらは不具合ではなく、こうした思想に基づいた仕様となります。

また、有料ナレッジに関しては、「イマイチ」ボタンを押すことで、マイナス評価をすることができます。

このボタンは、詐欺まがいの情報商材への対策としての意味が大きく購入した結果あまりにも購入前の期待値を下回るナレッジである場合にご利用いただくものです。

有料ナレッジを購入したユーザーしか押すことが出来ず、「イマイチ」ボタンを押したことが相手や他ユーザーに伝わることはありません。

ナレッジにマイナス評価が重なることで価値が低いと判断され、人目につきにくくなります。

ご利用いただくユーザーの皆様のご意見ご要望に傾聴しながら、よりよいサービス開発をしていく所存ですので、TipStockをどうぞ宜しくお願い致します。

TipStock公式アカウント さんの人気ナレッジ
スタートアップ・ベンチャーで働くビジネスパーソンのためのナレッジシェアサービス「TipStock」の公式アカウントです。
サー...
TipStock公式アカウント」さんにナレッジをリクエストしてみませんか?
リクエストをすることで、あなたが希望するナレッジを提供してくれるかもしれません。
(ただいまキャンペーン期間につき、無料でリクエスト可能)